中間期出血:妊娠していないときの不正出血(1)

疑われる病気は中間期出血です。

排卵期の出血で、主な原因は排卵期に起きる卵胞ホルモンの急激な減少であると考えられています。
長い間この症状が続く場合は、まず婦人科、産婦人科を受診します。