月経や労働、性交時などに鈍い痛みが増してくる

疑われる病気は子宮や卵管、卵巣、骨盤腹膜、骨盤結合織の癒着を伴う慢性炎症や、子宮内膜炎、骨盤内臓器の腫瘍などです。
月経中や、その後にも痛みが連続しておきます。

急性で起こった場合の治療が不適切だと、慢性化していまい治りにくくなり、将来的に卵管の通過障害などを起こして不妊の原因となってしまうこともあります。

骨盤結合織とは子宮の周囲にある結合組織のことをいいます。

まず婦人科、産婦人科を受診します。