児頭骨盤不適合(CPD)

児頭骨盤不適合(CPD)とは、母胎の骨盤が小さすぎたり、胎児の頭が大きく育って、産道を通って出てこれないことをいいます。

無理をして経膣分娩すると、子宮破裂や恥骨や膀胱の損傷といった危険が生じます。
また、分娩時間が長引くと赤ちゃんの命も危険になる可能性もあります。

X線検査で児頭と骨盤の大きさをはかって、確実に不適合だとわかった場合は帝王切開をします。