太りすぎには注意する

理想的な体重増加量は6~7kg増であり、多くても10kg増までが目安となっています。

太りすぎてしまうと腰痛がひどくなる、妊娠線や静脈瘤ができやすくなる、骨盤や産道に脂肪がついて狭くなる、微弱陣痛や難産を招くなどの症状を引き起こします。

最も気をつけなければならないのが妊娠中毒症と妊娠性糖尿病で、これらの病気にならないよう、栄養のバランスを考えた食事と適度な運動をとるように心がけます。