前置胎盤(中~後期)

前置胎盤とは、普通子宮の上の方にできる胎盤が下の方にできて、子宮口を覆ってしまう状態のことをいいます。

子宮筋腫や子宮内膜に傷や炎症がある場合に起こることがあり、経産婦に多くみられます。

主な症状は妊娠後期に胎盤がはがれて、痛みもなく突然出血します。
出血の量は初めは少しですが、その後に大量出血する可能性があるので、出血が起きたら気をつけるようにします。

治療は入院し、早産を防ぐため子宮収縮抑制剤を投与しながら安静を保って、胎児が成熟するのを待ちます。
帝王切開することが多く、辺縁前胎盤は頸膣分娩ができます。