切迫早産,早産(中~後期)

早産とは赤ちゃんがまだ育ちきっていない22~37週未満で生まれてくることをいいます。

切迫早産とは早産になりかかっている状態のことをいい、適切な治療を受ければ早産しなくてすむ可能性がある場合のことをいいます。

原因は仕事を持つ人の心身的なストレスや、過労であり、ここ数年増加しています。
母体側の原因をして多いものは、子宮頸管無力症ですが、子宮筋腫や子宮の奇形などの異常、前置胎盤によるものもあります。

主な症状はお腹が長時間張る、または規則的に張る、下腹部に鈍い痛みが起こる、少量の出血や茶褐色のおりものが出るなどです。
また、頻繁に動いていた赤ちゃんの胎動がまる1日なくなった場合は、すぐに病院に連絡し、大量出血や強い痛み、または破水した場合はすぐ入院します。

治療は子宮収縮抑制剤の投与と安静が基本ですが、母体が危険な状態の場合、胎児の肺機能が成熟している場合は早産させることもあります。