多胎妊娠(中~後期)

多胎妊娠とは双子以上を妊娠することをいいますが、この妊娠で気をつけることは早産と妊娠中毒症です。

多胎妊娠の場合、胎児の数が多いため、1人のときに比べて子宮収縮するのがはやくなり、早産になりやすいのです。

早産の予防策は早めに入院する、または子宮口を縛る手術をすることです。
母子ともに負担が大きくなる多胎妊娠は、妊娠中毒症になりやすいため、体重増加は15kg前後に抑えるように心がけます。

経膣分娩、帝王切開するかは胎児の位置や母子の状態などで判断します。