さかご体操の仕方

さかご体操には「胸膝位」と「仰臥位」の2種類があります。

まず「胸膝位」の仕方は、胸を床に付けておしりを後ろに高く突き出して、ひざは直角に曲げます。
この時頭は横に向けます。

次に「仰臥位」の仕方は、仰向けに寝て、おしりと床の角度が15度になるように腰の下に枕やクッションをあてます。

どちらも体操が終わった後に、リラックスするためのシムズの体位をします。
赤ちゃんの背中が上になるように横になり、30分ほど休みます。