前期破水(中~後期)

破水とは卵膜が破れて羊水が流れ出てしまうことをいい、一般的なお産の場合、陣痛などの子宮収縮により卵膜が押し上げられて子宮口が全開するのと前後しておきます。

前期破水とは陣痛がきていないのに破水することをいい、早期破水とは陣痛はあるが子宮口が開いていない状態に破水が起こることをいいます。

原因は卵膜がもともと薄く、感染があるために起こる場合と、激しい運動の後に子宮収縮が起きるため破水する場合があります。
また、子宮頚管無力症や多胎妊娠、さかご、羊水過多症、妊娠中毒症の場合は前期破水を起こしやすいので、注意してください。

破水の量が下着やショーツがびっしょりぬれるほどの大量なときはすぐに分かりますが、ほんの少しぬれる程度や少しでも体を動かすとチョロチョロ流れる場合もあります。

破水と気づいたらまず、きれいな生理用ナプキンを当ててから病院へ行き、羊水が少ない場合は座っていてもかまいませんが、大量の場合は体を横にして腰の下にタオルをひいて、車で病院に行くようにします。