血液型不適合(中~後期)

血液型不適合とは、母親の血液型がRhマイナス型、父親がRhプラス型の場合にのみに起こり、胎児の血液型が父親と同じRhプラス型になるために起こります。

胎児の血液(Rhプラス)が母親の血液(Rhマイナス)の中に流れ込むと、赤血球を破棄する抗体ができ、この抗体が胎盤や臍帯から胎児に流れ込んで、胎児の赤血球を破壊してしまうことがあります。
そのため、血液中のビリルビンが増加し、重症の新生児黄疸や貧血を引き起こして、体内で死亡する場合があります。

この血液不適合は初産の場合は胎児への影響がなく心配ありませんが、2回目以降の出産から問題が生じます。
1人目のときに母体Rhプラス型の抗体ができるため、初めての出産の後に抗体を作らせない薬の予防接種を受けると、2人目から安心して妊娠することができます。