微弱陣痛

陣痛には、子宮の筋肉が収縮して起こる痛みと、子宮口や子宮頚管が広がるときに起こる痛みがありますが、最初からこの陣痛が弱かったり、途中で弱くなることを微弱陣痛といいます。

陣痛が弱い場合、赤ちゃんがうまく下がらない、子宮口の開き具合が遅くなってお産が長引いてしまうなどの問題が起こります。

陣痛が強くならないときには陣痛促進剤を使ったり、経膣分娩が困難な時には帝王切開をする場合もあります。