弛緩出血

通常、赤ちゃんが娩出した後、胎盤がはがれて子宮が収縮し、子宮壁の血管を圧迫して血液が流れない仕組みになっていますが、子宮の収縮が不十分なため血管が圧迫されず、胎盤が出た後もはがれ落ちた部分から出血が続き、短時間に大量出血することを弛緩出血といいます。

お産が長引いた場合や多胎や巨大児出産などにより、子宮筋が伸びてしまっている場合、妊娠中毒症や子宮の機能が低下している場合などに起こりやすい病気です。

お産の後2時間は弛緩出血が起こる危険性があるので注意してください。