お産のときに使用する麻酔の種類

医学的にみて自然分娩するのが難しい場合には、麻酔剤を使って無痛分娩を行うと有効的です。
また、体質的に痛みに弱く、緊張しやすい人や体力に自信がない人、初産のときにつらかった人などは遠慮せずに無痛分娩を希望することを医師に相談するといいです。

麻酔の種類には、膣やその周りに麻酔剤を注射し、痛みを感じさせなくする局所麻酔と、強い痛みにも有効的な帝王切開に多く使用される脊椎麻酔、それから静脈に麻酔薬を注射するか、ガス麻酔剤を酸素とともに吸入する全身麻酔などがあります。

全身麻酔の場合、赤ちゃんにも麻酔がかかるため、緊急時の帝王切開のときに使用されます。