子宮内膜症

子宮内膜症とは至急の内面を覆っている膜のことをいい、妊娠しない限りは毎月、月経として体の外に排出されて、月経後にまた卵巣から分泌されるホルモンにより増殖して受精卵の着床を待ち続けるという、増殖、隔離、再生を繰り返しています。

子宮内膜症とはこの子宮内膜の組織が子宮の内側以外の子宮筋層部分や子宮から離れている卵管、卵巣、腹腔などの場所に紛れ込み、増殖してしまうことをいいます。

主な症状は強い月経痛や性交痛、腰痛、不正性器出血、月経過多、月経不順、頭痛などで、30~40代女性になりやすく、卵巣が働かなくなる閉経期になると増殖が減り、症状も弱まります。

卵巣チョコレート嚢胞とは、卵巣に子宮内膜症が発生したもので、卵巣内で血液がチョコレート状になってしまうこ病気もあります。

治療には薬物療法と手術療法の2つがあり、各自の希望や病気の症状や状態によって判断されます。