子宮下垂,子宮脱

子宮下垂とは子宮が正常な位置(骨盤のほぼ中央あたり)よりも下がっていることをいい、さらに下がり膣口から外へ出てしまうものを子宮脱といいます。

主な症状は、膀胱や直腸の一部が引っ張られて一緒に下がってくる膀胱脱や直腸脱がみられ、これらにより便秘や腰痛、腹痛を起こしたり、排尿しにくくなったり、尿失禁を起こす場合もあります。
多産の人や重労働をする人に多く、年齢とともに筋力が弱くなりだんだん下がっていく場合もあり、高齢者の人に多くみられます。

治療としてペリッサーという器具を使用し、子宮を押し上げる方法や、膣壁のたるみ部分を除去し、ゆるんでいる膣壁を締め付ける手術をする方法、子宮をとる方法があります。
また性生活のない高齢者の場合、子宮は残したまま膣の前壁と後壁を縫い合わせる手術(膣閉鎖術)を行う場合もあります。