子宮頚管炎,子宮内膜炎

子宮頚管炎とは子宮頸部(頸管)の内腔に細菌が感染して炎症を起こすことをいい、子宮内膜炎とは子宮内に感染が広がり、子宮内膜に炎症を起こすことをいいます。

主な症状は子宮頚管炎の場合、おりものの量が多くなり、子宮内膜炎の場合はおりものの量が多くなり、それに伴い発熱や下腹痛、腰痛などが起こります。

ブドウ球菌や連鎖球菌、大腸菌、淋菌、結核菌、クラジミアなどの細菌が炎症を引きおこす原因となっています。
これらの菌は流早産や分娩後、不潔な子宮内の操作により侵入してきます。

激しい炎症の場合は絶対安静が必要で、抗生物質や消炎剤などの治療を受けます。