卵管炎

女性性器の炎症で最も多いのが、細菌感染による卵管炎です。

主な症状は下腹部の激痛や悪寒、腹部に炎症が及んだ場合は39度前後の高熱が出ます。
急性の下腹痛は、体を動かしたとき、排便や排尿時に特に強く感じ、腹膜炎が起きると腹部にガスがたまってはくことがあります。

慢性期の症状は、激しい運動や性交時に軽い下腹部の鈍痛、腰痛、牽引痛などです。
急性の場合は入院加療が必要で、絶対安静、下腹部を冷やす、抗生物質の使用などを行い、炎症を治します。

慢性卵管炎の場合は抗生物質だけでは治りにくいため、手術で除去します。