骨盤腹膜炎

腹膜とは大角膜より下の腹腔にある小腸や大腸、脾臓、子宮、卵巣などの臓器を覆っている部分のことをいい、この腹膜に炎症が起きたものが腹膜炎で、骨盤の中の腹膜に炎症が起きたものを骨盤腹膜炎といいます。

骨盤腹膜炎は化膿菌や淋菌、クラジミアなどの性感染症の病原体によって起こり、子宮腔内にIUD(子宮内避妊器具)が入っている場合にも、性感染症を増強して起こる場合もあります。

主な症状は腹痛や発熱、おりもの、性交痛、便秘や嘔吐などです。
卵管の閉塞や癒着などが起こり、不妊症になる場合もありますが、適切な抗生物質を十分に使用すると治ります。

予防策は不潔な性交を慎むこと、卵管炎や子宮内膜炎が起きた場合に早めに十分な抗生物質による治療を受けることなどです。