ガンジダ膣炎

ガンジダ膣炎とは、カビの一種のガンジダによる膣の炎症のことをいいます。
白色クリーム状のおりものが増えて、強いかゆみがあり、膣や外陰部が赤くなり、はれることが多く、さらに進行すると外陰部が白くなり湿疹のようになる場合があります。

原因はカビの一種のガンジダ・アルビカンスで、全身が衰弱する病気や糖尿病、抗生物質を大量に使用した場合、または妊娠などに発生しやすいためです。
感染する経路はトイレや浴室、または性交などです。

治療は軟膏やクリームを膣内、または外陰部に塗るか、内服剤を併用する場合もありますが、効果がなく治りにくくなることがあるので、抗生物質の長期間使用や大量使用はしないように注意する必要があります。