トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎とはトリコモナス原虫が膣粘膜に寄生して起こる炎症のことをいい、成人女性や妊婦にみられる病気です。

主な症状は黄色のおりものが増え、膣や外陰部などにかゆみや熱感、痛みがあり、性交時に痛みや出血がみられるなどです。

膣トリコモナスという原虫の感染により、外陰部や膣入り口付近、膣の内部や子宮膣部まで赤くなって、小さな斑状の発赤が多くみられる場合があります。
感染する主の原因は性交ですが、お風呂場やトイレなどでも感染する場合や、性交未経験者にもみられる場合があります。

最も効果的な治療はメトロニダゾールなどを膣内に挿入したと同時に内服することです。
女性だけでなく男性側の治療も同時に行うことが重要です。