萎縮性膣炎

萎縮性膣炎は老人性膣炎ともいい、閉経期以後の女性に多く見られる、女性ホルモンの低下によって起こる炎症です。

膣壁全体に発赤ができる場合と、米粒ほどの大きさの発赤が点状に散らばっていて、その一部がくずれてただれを作っている場合とがあり、黄色や膿状のおりものが増え、痛みを伴い、排尿のときに尿がしみたり、性交によって出血するなどの症状がみられます。

主な原因は女性ホルモン分泌の低下によるもので、卵巣の働きが低下する、または止まると膣粘膜が薄くなって、抵抗力が弱まり外部の刺激により傷つきやすくなるからです。

治療はエストロゲン製剤の内服、また膣錠挿入が効果的で、抗生物質を併用する場合もあります。