更年期障害

更年期とは、閉経する前後のことをいい、閉経年齢はだいたい40~55歳だといわれています。

主な症状は月経に異常がある(月経の周期が不順になって、数ヶ月~数年の間に完全に止まってしまう)、機能性子宮出血(更年期出血)、萎縮性膣炎、排尿障害などです。

いらいらや憂うつなどの精神不安定や、不眠、食欲の変化、ノイローゼなどの精神神経症状が起こったり、頭痛やめまい、吐き気、乳腫傾向、動悸、発汗、のぼせ感、肩こりなどの自律神経失調症が起こります。
これは卵巣機能の低下による卵胞ホルモンの分泌低下によって自律神経系にも影響を与えるためです。

更年期障害になった場合、心の持ち方が重要で、日常生活を普通に送ることにより、軽快にしてしまうこともあります。

また、女性がすべてこの病気にかかるわけではなくて、何事もなく過ごしてしまう人も多く、個々の女性の更年期を迎えるにあたっての精神状態や健康状態に関係しているため、心身ともに健康な状態で更年期を迎えることが何よりの予防策です。