乳腺炎

乳腺のまわりの脂肪組織に化膿菌が入って、炎症を起こしたものを乳腺炎といい、乳房炎ともいいます。

主な症状は乳房がが赤くはれて痛みがあり、ひどいときは寒気やふるえが起き、熱が出ます。

また、産後で、母乳が出ている場合、排出管(乳管)の途中が何らかの理由で詰まってしまうと、卵管の抹消細胞に乳汁がたまり、乳腺組織を圧迫します。
この状態がひどくなって炎症を起こすと、うっ滞性乳腺炎(乳汁滞留症)になり、またこれに細菌感染が加わると化膿性乳腺炎になってしまいます。

治療はうっ滞性の場合、積極的に授乳し、うつ乳をとったり、痛んだり赤くなったら早い時期に医師の診療を受け、化膿しないように予防し、化膿性の場合は冷やして炎症を除去して、かの化膿巣を切り開いて膿を出します。