絨毛がん

絨毛がんとは絨毛一番外側にあるトロフォブラストという細胞が悪性化したもののことをいいます。
正常の出産や流産などから発生する可能性がありますが、その値は高くはありません。
絨毛がんは胞状奇胎の後に発生するので、胞状奇胎になった場合は定期的に医師の検診を受け、指示に従います。

主な症状は不正出血がある、胸が痛む、血痰、せきなどです。

治療としては抗がん剤が非常に効果的で、胞状奇胎の管理をすることも大事です。