外陰がん

外陰がんは大陰唇、小陰唇、クリトリスに発生し、60~70代の高齢者に多くみられ、羞恥心から症状があるのに受診が遅れ、進行したがんになっている場合もあるので、異常を感じたら早めに産婦人科を受診することが重要です。

主な症状は、初めにうちは症状がほとんどありませんが、腫瘍が大きくなるにつれて、しこりや異物感を感じるようになり、外陰部のかゆみが起こり、出血やおりものがみられるようになります。

治療はがんの進行度、患者の年齢などを考えて、手術療法、放射線療法、抗がん剤による化学療法などを行います。
また最近では皮膚や筋肉を移植する方法が行われていて、日常生活の不便さは軽減されています。