妊娠中の病気と気になる症状記事一覧

つわり(初期) (1)主な症状
つわりとは妊娠4~6週ごろから起こる、吐き気や嘔吐などの不快症状のことをいいます...
つわり(初期) (2)対策
つわりの症状を緩和させるには、少しずつ食べて空腹にしないようにします。 胃を空に...
妊娠悪阻(初期)
つわりが重症化したものを妊娠悪阻といいます。 脱水症状を起こして心臓や腎臓、肝臓...
切迫流産,流産(初期) (1)原因
流産にかかっている状態のことを切迫流産といい、この状態の場合は適切な治療を受ける...
切迫流産,流産(初期) (2)症状と治療
妊娠が確認されてから、膣からの不正出血や下腹部の痛みがある場合、切迫流産または流...
胞状奇胎(初期)
胞状奇胎とは妊娠に伴う病気で、胎盤をつくる絨毛がイクラのような粒状に水腫化(奇胎...
前置胎盤(中~後期)
前置胎盤とは、普通子宮の上の方にできる胎盤が下の方にできて、子宮口を覆ってしまう...
常位胎盤早期剥離(中~後期)
胎盤が通常の位置にあるのに、出産前にはがれてしまうことをいいます。 手遅れの場合...
羊水過多症,羊水過少症(中~後期)
出産のころの羊水の量は普通200~400mlになっていますが、この量が極端に多く...
切迫早産,早産(中~後期)
早産とは赤ちゃんがまだ育ちきっていない22~37週未満で生まれてくることをいいま...
子宮頚管無力症(中~後期)
子宮頚管とは子宮体部と膣をつないでいる長さ2~3cmほどの管で、妊娠中、子宮口を...
多胎妊娠(中~後期)
多胎妊娠とは双子以上を妊娠することをいいますが、この妊娠で気をつけることは早産と...
さかご,骨盤位(後期)
さかご(骨盤位)とは胎児の頭の位置が下の方であるのが普通なのに対し、頭が上で足や...
さかご体操の仕方
さかご体操には「胸膝位」と「仰臥位」の2種類があります。 まず「胸膝位」の仕方は...
外回転術とは
医師や助産婦がお腹の上から赤ちゃんを回転させる方法を外回転術といい、成功率は90...
前期破水(中~後期)
破水とは卵膜が破れて羊水が流れ出てしまうことをいい、一般的なお産の場合、陣痛など...
血液型不適合(中~後期)
血液型不適合とは、母親の血液型がRhマイナス型、父親がRhプラス型の場合にのみに...
妊娠線
腹部や乳房、太もも、おしりなどの脂肪の厚い部分にできる赤みを帯びてできる線のこと...
静脈瘤
静脈にできた蛇行しているふくらみやこぶのことを静脈瘤といいます。 妊娠後期ごろに...

edit