« 薬剤師の転職 | メイン | 薬剤師とMR »

薬剤師の年収

大学の薬学部を卒業し、国家試験に合格してはじめて資格を取得することができる薬剤師。
非常に高度な知識と技能を求められる仕事です。
ではこの薬剤師の収入はどの程度となっているのでしょうか。

薬剤師の平均年収は約505万円といわれています。
平均月収は約36万円。
これを高いと見るか安いと見るかは人それぞれでしょう。
サラリーマンの平均年収400万円と比べれば高い水準にありますが、資格取得のためのハードルの高さを考えると、物足りないと感じる人もいるかもしれません。
とくに、1000万円を超えるとも言われる医師との格差は非常に大きいと感じる人も多いのではないでしょうか。

この薬剤師の平均年収は雇用環境や職場によって大きく変わってきます。
ですから、同じ薬剤師の中でも収入にかなりの差が生じてしまうのです。
たとえばアルバイトの場合、時給換算では正社員と遜色ない程度の収入を得ることができますが、ボーナスが出ないことや、昇給・昇進があまり望めないこともあって、年収はかなり低くなります。
契約社員や派遣社員も同様です。
また製薬会社など、医薬品関連の企業では成果主義を導入するところも多く、同じ企業に勤めていても収入にかなりの違いが生じる場合があります。
新薬の開発などに関わっている場合には800万~1000万円程度にまで達するものの、販売業に携わる場合には400万円程度に留まるケースも少なくありません。

平均年収そのものはここ数年間安定した水準を維持していますが、このように雇用環境や職場環境によって格差が生じやすくなっており、その傾向は今後さらに拡大することが予想されています。

About

2011年01月27日 14:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「薬剤師の転職」です。

次の投稿は「薬剤師とMR」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35