« 薬剤師とMR | メイン | 薬剤師と予備校 »

職場による収入の違い

薬剤師の特徴として挙げられるのが職場の多彩さ。
医師はもっぱら医療関連の施設で勤務するのに対し、薬剤師の場合は非常に幅広い活躍の場が用意されています。
そのため、職場や環境によって収入に大きな違いが生じるという特徴も見られています。
では、どの職場がもっとも収入に恵まれているのでしょうか。

もっと収入が多いといわれているのが製薬メーカーでの勤務。
新薬の開発に携わっている薬剤師なら30代で1000万円を越えるケースも少なくありません。
重要な役割を担っているだけに、これくらいの収入は当然なのかもしれません。
ただし、新薬の開発には高度な知識と実績が求められるため、非常に狭き門となっています。
また外資系を中心にドライな成果主義を導入しているところが多いため、成果を挙げられない場合には収入の減少やリストラの対象になりやすいといった面もあります。

収入の多さではドラッグストアも候補に挙げられます。
店長クラスになると700万~800万円程度にまで達することもあります。
ただし店の売上げに左右される面が大きく、またアルバイトでの雇用も多いため同じドラッグストアでの勤務でも格差が生じやすいという特徴があります。

安定した雇用環境と収入なら病院と薬局での勤務。
どちらも400万~650万円程度が平均年収となっています。
景気の影響を受けにくく、安定した収入を長期間得ることができる選択肢となります。
多くの薬剤師は病院か薬局の正社員として雇用されるのを目指すようです。
このように、職場による収入の違いは薬剤師の特徴として把握しておく必要があるのでしょう。

About

2011年01月27日 14:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「薬剤師とMR」です。

次の投稿は「薬剤師と予備校」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35